×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Fate/stay night

メーカー TYPE-MOON
舞台は海と山に囲まれた都市・冬木市。
何の変哲もないこの街に、少しずつ侵食する闇があった。手にした者の願いを叶えるという聖杯。
その聖杯を実現させる為、一つの儀式が行われようとしていた。
聖杯に選ばれた七人の魔術師(マスター)に、聖杯が選んだ七騎の使い魔(サーヴァント)を与える。
騎士 "セイバー"
槍兵 "ランサー"
弓兵 "アーチャー"
騎兵 "ライダー"
魔術師 "キャスター"
暗殺者 "アサシン"
狂戦士 "バーサーカー"
マスターはこの七つの役割(クラス)を被った使い魔一人と契約し、自らが聖杯に相応しい事を証明しなければならない。
つまり。
マスターとなった者は他のマスターを消去して、自身こそ最強だと示さなければならないのだ。 杯を求める行いは、その全てが“聖杯戦争”と呼ばれる。
この地に起きる儀式は、その名に恥じない“殺し合い”といえるだろう。

幼い頃火災によって両親を失い、孤児になった主人公は魔術師を名乗る人物に引き取られる
養父の反対をおしきって魔術を習う主人公だが、まったく才能がなく何年とかけて身についた魔術は一つだけだった。
その養父も今は亡く、主人公は半人前の魔術師として成長する。
そうして現在。
ふとしたきっかけからマスター同士の戦いに巻き込まれた主人公は、偶発的に七人のサーヴァントの一人、セイバーと契約する事になる。
望まぬままマスターの一人になった主人公は、聖杯を巡る戦いに身を投じる事になるのだが────

(公式より抜粋)

これだけ読んでも最初私はどういうことかさっぱり分らなかったですね(何

要するに聖杯というものを得るためにサーヴァントと呼ばれる英雄の精霊を召喚して戦いまくるという話です。

ジャンルでいうと伝奇活劇ビジュアルノベルっていうらしいですね。そのジャンルの中でも最高峰であるといわれるだけあってめちゃくちゃおもしろいです!!

戦闘シーンの熱さ、先を読ませない予想外の展開などはほんとに他のどの作品においても勝っています。まぁ音声がないのですがこのゲームでは…

音声なしでも容量が多すぎなので音声があったときのことを考えたら…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

まぁシナリオ面では熱い戦いを繰り広げまくるサーヴァントたちですが、サーヴァントはすべて信念というものを掲げて戦っております。

主人公も「正義の味方になる」という信念を掲げながら戦いますが、その信念はサーヴァントによって正義の味方とはなにかという疑問に変わっていきます。

そして、最後まで戦い抜いた(途中もあるけどね)果てに自分なりの答えを探し出します。その主人公の成長もすばらしいものでしたね。

音楽面では戦闘シーンにあった音楽、日常での落ち着いた音楽の選択などセンスがいいものが多かったですね。剣と剣がぶつかったときの音なんかも入ってたしかなり満足いきましたね。

絵では独特な絵柄ですが、作中には違和感が全く感じられませんでしたね。Hシーンになるとやっぱり他の絵師とは見劣りはしますが…。

とりあえず言いたいのは

やってみろ!そして正義の味方に対する自分の考えを探してみてください。

ってことです。




以下キャラ別紹介

・セイバー…ものすごく強いです。しかも強いだけではなくかっこよさもすごいです。実はアーサー王です。個人的にはVSバーサーカーあたりがよかったと思いましたね。最後に聖杯とは何かが分った後のセイバーの行動は、高貴であり誠実さがあらわれておりさすがアーサー王だなぁと感慨を受けましたね。まぁ…

すごいってことですよ。

・遠坂 凛…ツンデレ娘。しかも強いしかわいいしほんといいよこの子(*´ェ`*)まさか中国拳法まで使えるとは…。

・イリア…すげぇえええええかわいいいいぃぃいいいい!!!!!!!ロリキャラキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! しかし、Hシーンどころかイリアルートすら存在しません_| ̄|○

どのルートでも悲惨な末路しかたどらないイリア。こんな子が幸せになるべきだよと思えるようなシナリオであるためにホントに救いのない彼女がかわいそうでしたね(´д⊂

・アーチャー…未来の主人公。こいつは

漢です!!!!

背中で語るというのが似合いますね。かれは正義の味方の果てを経験し、絶望した身であるために主人公に重みのある言葉を発し続けます。しかし、折り合うことはなく自分の思いを剣に乗せて戦います。かなりの名シーンでしたね。かなり気に入りましたよ。

シナリオ CG 音楽 Hシーン 私的満足度 総合
25 25 25 20 A 95