×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

巫女みにょ。

メーカー あっぷるみんと
ある日、主人公 戸塚文人のところにナゾの宅配便がとどけられる。開けてみると…

いきなりヤマタノオロチの血族と名乗る二股の蛇が現れ…文人にとりついてしまった!

なんとかすべく文人が向かったのは遠縁にあたる姉妹のいる村雲神社。

そこで万事解決と思いきや…
まんまと二股の蛇の策略にはまり巫女姉妹が大ピンチ!双子の蛇の真の目的は、巫女姉妹にHなことをして自分たちの霊力をアップさせる事だったのだ!

しかも、蛇に取り付かれた文人の股間は大変なことになってしまった!ああっ…誰かオレの股間をおとなしくさせてくれぇっ!

『そして、この二匹の蛇を鎮めて〜〜〜っ!』

(公式より抜粋)

あらすじにもあるように蛇に犯される巫女みたいなものになっています。まぁ蛇=触手と考えていいかと思いますけどね。

この作品で気に入った面といえばやはり絵ですかね。元々絵買いのつもりだったのですが、その期待に背くことなく上手な絵とかわいいキャラデザインはよかったです。そして巫女服というのを完全に脱ぐことはなく、巫女好きである需要を満たしているように感じました。

ただ短すぎるのとほとんど見ているだけで終わってしまうシナリオもどうかなと思いましたけどね。
スキップ機能を使えば10〜15分ほどで話を終わらせることができるぐらいの短さですからね。
さらに抜きゲーだからという理由からなのか話の中身もなく、選択肢が2個ぐらいしか用意されていません(しかも中に出す、外に出すまど)ほとんど見ているだけで終わってしまったので退屈といった感じでした。

音楽ではBGMのみで別に…。

絵では上記したように私的にはかなり気に入るような絵柄だったのが特徴でしたね。イベントCGは作品全体のシナリオ量にしたら多いほうなのかなとは思いましたね。…HシーンのCGばっかりでしたけどね。

Hシーンではかなり軽い触手プレイだと思っていいような感じでしたね。普通のプレイもありましたが、基本的に触手(蛇)が入ってきますからねぇ。
Hの回想枚数としては15個ほど用意されており、そのうち1枚は放尿シーンとなっており枚数的には結構ありました。当然のように姉妹丼も用意されておりHシーンだけを見ればかなりよかったです。
さらにシステム面も使いやすくなっており抜きゲーとしてかなりいい感じであったように思いました。

同人作品の抜きゲーとして良質な作品ではないかなとは思った作品。少なくても商業作品と遜色はないシステムとHシーンはホントよかったです。
…全体的にもうちょっと長くてもよかったと思いましたけどね。




(キャラ別紹介)

・草薙 媛香…主人公の遠い親戚にてヒロイン姉。眼鏡&巨乳です。個別ルートとかなかったから別に書くことないですけどね…。

・草薙 媛子…主人公の遠い親戚にてヒロイン妹。髪型どうなってるんだろうなぁ…という疑問だけが残った娘です(何
ちなみに彼女の方にのみ放尿シーンが用意されています。

シナリオ CG 音楽 Hシーン 私的満足度 総合
5 25 10 25 B 65