×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

もうすぐ夏休み!

メーカー COMPLET'S SHOWCASE
夏休みを間近に控えたある日。

クラスメイトの男子が、彼女ができたと大騒ぎしていた。それでなくても異性の話は賑やかなもので、誰と誰がデキてるとか、誰とやったとか、そんな話は多い。で、主人公の知郎はどうかと言えば、その辺はさっぱり。

成績も上々、気の利くタイプで、クラスでの評価は、男女共に高く、ルックスだって悪くない。でも、女子からすれば、ちょっと物足りない。

だから、彼女、と言える相手もいなかった。しいて言うなら、隣りのクラスにいる東野千春。彼女は、幼い頃からお隣に暮らしている、幼なじみ。
とは言え、同じ病院で産まれて、同じ幼稚園に通い、そして、学校も同じとくれば、近すぎて、恋愛の対象とは思えない。第一、彼女を見ていると、そんなことに興味があるとは思えない。知郎は、そう思っていた。

そんなある日。

知郎は、千春の母に、忘れ物を届けるように頼まれる。

忘れ物、と言っても、帰りのお買い物メモ。両親共働きの千春は、帰りに夕食の材料を買って帰るのが、いつものことだった。

放課後。渡しそびれていたメモを渡そうと、隣りの教室へ行った。ところが、千春がいない。聞けば、屋上じゃないか?とのこと。屋上になんの用が、と思いつつ、知郎は屋上へ。

そこで、知郎が見たものは………。

ひょんなきっかけから、幼なじみの意外な進歩ぶりを知る知郎。

口止めのつもりか、はたまた、何か別の意図があるのか、知郎に、気軽に身体を許す千春。

更に、千春のお友達も巻き込んで、何やらエッチな騒動が起こる予感。

はてさて、知郎君………夏休みには、彼女ができているのでしょうか?

(公式より抜粋)

シナリオはかなりおかしいです。何かあったらHしてます。屋上に行ったらHしてる、保健室にいったら先生と生徒or先生と先生がHしてる、教室に帰ろうとしたらHしてる、図書委員の仕事のために図書室に行ったらHしてるとしてるか…。学校ではなくソープ的なもの考えたほうがいいかなと思ったぐらいですね。

また日常会話もおかしすぎですね。「こんなことってセックスのこと?皆してるからいいじゃない」とか「うちの女子、マンコのレベル高いからな」とか、生徒が目の前にいるにも関わらず「いやぁ、やっぱり北原先生のマンコは最高です。」とか…

倫理も糞もないような会話が繰り広げられます!

以前に出てくるキャラが小学生ですからすでに論外なんですけどね。

一応選択肢はありますが、基本的にHする/Hしないのどちらかを選択するだけとなってます。他にも選択肢は用意されてますが、Hする対象が変わるだけなのでどちらとHするという選択肢としか感じませんでしたね。

また主人公も流されすぎですね。何かあったらHに参加します。他の人のHを見てたら興奮したので参加とか、セックス仲間とかに入れられても文句いわずに入りますし。

…Hする理由男同士のパワーバランスを調整し、学級崩壊やいじめを失くすためとかめちゃくちゃいってますが…

ありえないから!!てか主人公も納得するなよ!!!!

絵はかなりクセがありますね。妙に体が筋肉質に見えます。このメーカーの特徴といってもいいぐらいですからね。
Hシーンに関してはシチュエーションと数は相当な数でしたね。

音楽に関してはBGMが2曲しかありません。しかもHシーンが多いために、日常生活のBGMよりもHシーンの音楽の割合がほとんど同じだったのはいろんな意味で驚きでしたね。

完全に抜きゲーでしたがこの絵柄では抜けるとかの問題ではなく、テキストの面白さで笑いを誘うように感じた作品でしたね。




キャラ別紹介…今回はさすがにいません。どの子もHするだけですし…。要望があるならやろうかと思いますが(ぉ

シナリオ CG 音楽 Hシーン 私的満足度 総合
5 10 5 20 C 40