×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

寝盗ラレ

メーカー G-CAT
どこにでもあるような普通の愛の物語。

それは二人の物語。誰が見ているか分からない物語。

それは、いつ誰かに奪われるか分からない、不安定な幸せの物語。

あなたが普段どおりに生活している裏で、あなたの大切な人は、どうしているでしょうか?

見てみたくはありませんか?あなたの大切なものが奪われていくのを…

(公式より抜粋)

めちゃくちゃ毒舌を含んでおりますのでこの作品、もしくはメーカーによい印象を持っている方は閲覧をご遠慮していただいたほうがよろしいかと思います。





















タイトルどおりに「寝取られる」というものをテーマに扱った作品です。ただ…
寝取られるというよりもレイプ、脅迫といったものの方が正しかったと思いましたけどね。

シナリオでは、ヒロインが主人公と結ばれる→ヒロインが他のキャラとHする〜といった感じになっています。ただ主人公がヒロインを好きになるという描写や、なぜヒロインが主人公を好きになったかなどの描写が一切ありません。これでは「寝取られる」ということがあっても、別になんとも思わないキャラが勝手に犯されているだけだな〜という感想しか浮かびませんでしたね。やはり「寝取られる」というものは主人公とヒロインがある程度仲良くなっている仮定を表現することにより「寝取られる」ときの絶望感や焦燥感といったものが生まれるのではないでしょうか。
また主人公とヒロインは一度もHをする事なく寝取られるので、「寝取られる」という表現すら的確であるかどうかすら疑わしいものでしたよ。
そして寝取られているにもかかわらず、相手のことを好きになっていくというのもおかしな話だな〜と思いましたね。相手のことを好きになっていくならそれも「寝取られ」ではないようにも感じましたしね。
他にも主人公がプレイヤーが選んだ選択肢の行動を取らなかったり、システム面で音声カットをしたにもかかわらず回想モードに入ると音声が出たり、オートモードが台詞を読み終わるまで待機しない、EDに入るシーンにもかかわらず回想シーンに飛んでたり、etc…などなどこれで売りに出せるほうがおかしいだろ?といわんばかりの作りとなっているましたね。以前にフリーツールの
吉里吉里を商業作品として使っている時点で問題ありでしたけどね…。
物語、システム面などは同人以下といっても過言ではないでしょう。

絵では「なんだこの質の悪いえCGは!?」といわんばかりのCGでしたよ。背景などはフリーツールにでもあるようなものを使っているのではないでしょうか?また各キャラの立ち絵はヒロインの顔がほぼ全員同じ顔に見えるような作りとなっているために、髪型と胸の大きさを変えただけのマネキンのようなの様に感じましたよ。
またHシーンでのCGでも体の角度や首に角度がおかしいものも数点みられましたね。
ただ男性キャラの濃さというものにだけ笑わせてもらいましたよ。どう見ても悪人にしか見えないキャラ作りでそれが面白さを漂わせていましたね。

音楽では一応曲があったので…。まぁ鬱になるような曲だったのであまりいい印象はありませんでしたけどね。ムービーも用意されていたのですが全くといっていいほど印象に残りませんでした。

Hシーンではオートモードが使いにくい、無駄に男の声が入っている、絵でも述べたように体の構図がおかしいなどなど抜きゲー作品であるにもかかわらず実用性はありません。またシーン回想画面にてHシーンが合計6個あったにもかかわらず回想数が5個しかなく、どう考えても1個足りなかったりと本当に抜きゲーなのかな〜と思いましたね。まぁ回数は各キャラ6回となっているのですが、使いまわしが多く目立っていたりとホント救いようのないような仕上がりでしたよ…。

同人作品よりもできの悪いと思えた作品。ただ唯一よかった(笑えた)のは、男キャラの存在とその設定、主人公って正直ピエロ(彼女ができると寝取られるだけで、全くといっていいほど今後の展開に絡んでこないので…)というぐらいでしたね。
まぁ…かなりの地雷作品だと思いましたよ。




キャラ別紹介

・佐々木 茜…主人公の幼なじみ。主人公が彼女と付き合い始めると、もう一人の主人公の幼なじみである秀之に彼女を寝取られます。
このルートでは突っ込みどころ満載でしたね。高校生という設定にも関わらず全く性知識というものをもっていない茜が、主人公とのHための練習という理由で秀之に処女を奪われます。そして処女を奪われた後の茜の台詞が「ありがとう…」。
ここまで来ると設定自体がやりすぎだろ…みたいに思いましたよ。また秀之も何人もの女性を寝取ってきたようなのですが、その設定も全く生かせていなかったので全くといっていいほどおもしろみのないルートでしたよ。ただ最後まで主人公のことを好きなままでいたキャラだったのが印象的でしたけどね。

・片瀬 ナナミ…主人公のクラスメイト。主人公が彼女と付き合い始めると、体育教師であり裏社会の取引人という謎の設定を持っている忌蔵洋平に彼女を寝取られます。シナリオは全部面白くないのですが、この体育教師だけはキャラが濃すぎるのでそれだけで笑いを誘いましたね。またいつの間にか忌蔵のことを好きになっていたりと、この点も笑いを誘いましたね。
せっかく声優に北都南さんを起用しているのにもったいないよな〜。

・秋小路 華織…他のヒロインと比べ、顔が唯一違うように思えたクラスメイトのツンデレ(まぁ顔が違うように見えるのはおまけルートでもう一人いますけどね)。主人公が彼女と付き合い始めると、暗い、オタク、イジメラレっ子という只野ヒロシに寝取られます。謎の精霊ティンティンというのもが只野に力を貸してありえない力を得る事になります。まぁやることはそのままレイプ的なものなんですけどね。語る事は別にありませんね。

・姫咲 美子…園芸部の先輩。主人公が彼女と付き合い始めると、生徒会長に寝取られます。この生徒会長もかなり笑えましたよ。理事長の息子で気に入った女性を権力を使って手に入れるとのことですが…
どう考えても犯罪です。
との突っ込みを入れたくなりましたね。というか権力を使ってという設定自体が古臭く笑えましたよ。また性癖がアナルにしか興味を示さないという割にはアナルセックスが少ないのも…。

シナリオ CG 音楽 Hシーン 私的満足度 総合
5 10 10 10 C 35