×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

俺の手でイけ 〜痴漢の日々〜

メーカー スワンマニア
主人公は二十歳の時に出来心で女子学生にしたがお姉さんに叩きのめされた…

その強さに惚れてその人を攻略するために道を極めることにした…

それから3年後…

去った女共を必ず満足させ、なおかつ彼女らの自尊心を壊さないそんな1人前の痴漢に成長した主人公。

持ち前の甘いマスクのおかげか否かそれ以来検挙率はゼロ!

今日も今日とていい獲物を求めて満員電車をはしごする!そんな彼の前に現れたのは3年前のあの女性…

(公式より抜粋)

公式のストーリー紹介からは分かりにくいとは思いますが、痴漢ものに分類する抜きゲーです。

まずこの作品のストーリー展開が驚くような展開になっているのが正直笑えましたね。
この作品は痴漢ものであるにも関わらずに痴漢での電車の中でHする行為はほとんどありません。また痴漢というよりも電車外での強姦といったプレイの方が多くなっているのも特徴ですね。そして最後のエンディングには主人公と痴漢の対象となったヒロインが付き合う〜といった痴漢ものと言えるかどうかも危ういような展開が用意されています。この展開にはホント驚きましたね。痴漢されたことがきっかけで相手のことを好きになるというものや、以前から好きだったけど知り合うきっかけなく、痴漢されたことにより関わりを持つ事ができたなど電車男+痴漢男のようなものなんじゃないのかな〜と思ったぐらいですからね。ありきたりな痴漢ものとは違いハッピーエンドで締めくくるという痴漢ものはめずらしいのではないでしょうか?

ただやはり痴漢ものの抜きゲーとしては電車でのプレイが少ないというのは致命的なんではないでしょうか。この作品を購入する人の多くは痴漢プレイを楽しみにしていると思いますからねぇ…。
また話の流れが早すぎて完全に自分だけが置いてかれるような感じにもなりましたね。全体的に話が短くつくられており、選択肢も1個ほどしか用意されておらず(1人だけ2個)、超展開にはついていけないものとなっていました。徐々に痴漢プレイに目覚めていくヒロインとか期待していたんですけどね…。

音楽ではBGMのみとなっています。電車音が挿入されているのですが、細かい点には気を配っているな〜という印象がありましたね。

絵ではCGの枚数、質と共になかなかよく出来ていると思いましたね。枚数は話の長さからしたら多いと思いますし、綺麗に仕上がっていましたしね。

Hシーンでは上記にも述べたように全体のH数が4〜5回の内、痴漢プレイは1〜2回ほどしか用意されていません。部屋での和姦、トイレや町の裏路地などでのレイプといったものがメインであるように感じましたね。
ただHシーンの質はなかなかの良質であり、Hのプレイの内容というものを無視するなら十分に満足できるものではないかな〜と思いましたね。
またテキストの速さ調整などは5段階調整となっており、使いにくくもなく使いやすいというわけでもないといった感じ。ただオートモードの使用時に音声を飛ばすということが出来ず、この点だけは抜きゲーには向いていない所かな〜と思いましたね。

抜きゲーなのか純愛ものなのかがよく分からない作品。痴漢ものであるならばハッピーエンドとかを考えずにエロに突き進んで欲しかったと思いましたね。
痴漢ものを期待している人であるなあ今作品は見逃したほうがいいかと。




(キャラ別紹介)

・鈴木 彩…OL?大学時代に痴漢をした主人公を警察には突き出さずに開放したすごい人(ぉ
主人公が大学時代であるときから好意を寄せていたというかなりすごい話になっていました。別に他に語ることはありません(ぉ

・榎本 弘美…女子校生。この作品の中では一番まともなキャラ(?)。主人公に痴漢されてからなぜか主人公に惹かれてしますという展開になります。上に同じく語ることはありません…。

・東本願寺 緑子…名前からも推測できるような名家のお嬢様。正直このキャラが一番笑えましたね。
まず電車に乗るのが初めてということなのですが、まぁ初めて電車に乗ったならしょうがないかな〜?とは思えました。まぁ調べれば分かることですが…。しかし、主人公が「精子は高タンパク質な庶民の婦女子の飲み物だから舐めろ」といったらそれを信じてしまいます。これはこいつはキ○ガイか?と思えるような思考能力があるようだと思いましたよ。そして主人公を電車の先生など言い出したりこの娘はホント笑わせてもらいましたよ。

シナリオ CG 音楽 Hシーン 私的満足度 総合
10 20 10 20 C 60