×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おたく☆まっしぐら

メーカー 銀時計
主人公は地方の高校を卒業して上京したばかりの田舎者。

彼は生粋のおたくだ。しかし見た目はおたくとはかけ離れた容姿をしている。まるで「ホスト」だ。

その彼は昔からあこがれていた場所。そう、おたくの聖地秋葉原。そしてようやくたどり着いた主人公は大きな衝撃を受ける。

まわりには美少女ゲームの巨大広告やら人ごみ。イベントキャンペーンガール、コスプレ、メイドの数々、エウリアンッッ!?情報だけで走っているも物の見ると、聞くとは大違いだ。

この右も左も分からない状態でこの男はどのような運命、出会い、感動、結末が待ち受けているのであろうか・・・

(公式より抜粋)

おたくである主人公がおたく(おたくになっていく)ヒロイン達と…といったような感じなSLG。一応SLGとはなっていますが、シミュレーションパート自体は簡素なものであり、日常生活の描写が少なくなっているわけではなかったりするのでSLGであるようにはあまり感じませんでしたね。むしろSLGはADV系統の話を固定させないために自由度を持たせるといった意味があったように感じましたね。

共通パートではさすが田中ロミオ氏といっていいものでしたね。C†Cのときのような下ネタ系は少ないものでありましたが、日常会話がホントおもしろいです。テンポのいい会話、冴え渡るギャグはロミオ氏の真骨頂といっても過言ではないでしょうか。特に…
「イルカが何かしゃべってるよ?パソコンのこと教えてくれるだって!」
そいつ殺せ
「…え?」
「この世界でもっとも鬱陶しい存在のひとつだ。殺せ」
ここは本気で笑いましたよ(ノ∀`)

キャラの個性もよくでていた様に感じましたね。主人公なんてキャラが濃すぎでしたよ。おたくに対する情熱はすばらしく、熱い!しかも毒舌ともう最高です。ロミオ作品にはキャラの個性が強いのは決まっていますがやはりキャラがいいです(2度目)。またヒロインもよかったですね。なんらかの原因がきっかけでおたくになり、それが原因でつまづくといった感じになるのですが、そこで主人公がおたくの境地的な発言(説教的発言)で救う〜といった感じの流れになっているんですが、そんなに重い話ではないがそれでいて上手にできていたように感じましたよ。

またどのルートにおいても、各ジャンルにてよく掘り下げて描写しているのではないでしょうか。コスプレのカメコのこと(写真をとって次点へ移動する間は写真をとらない)の暗黙のルール等は真偽が不明ですが、銃系統、フィギアの造形の知識等は確かなものであり、よくここまで調べたな…と言った感じでしたね。

またバカゲーのノリで進むだけでなく、好きになる、気持ちに気づかせる、もしくは気づくといったような心情の変化、発言と行動の一致なども上手に出来ていたように感じましたね。まぁ適当なのも数名いましたが…。
SLGでどのヒロインのルートに入るかを決めるだけであり、ルートに入ったらシュミレーションパートはなくなり、ADV型式で進んでいくのでそこで恋愛の描写をしているから、SLGにありがちな薄い描写とはなりませんでしたね。

絵に関しては立ち絵、イベントCGともにかわいく仕上がっていましたね。背景ともよくあっていたのではないでしょうか。ただ、イベントCGの量がやや少なめの様に感じましたね。

音楽に関してはOPムービーは神です!そのままアニメとしても採用してもいいぐらいでしたよ。曲に関しても作品とよくあっていましたし驚きましたよ。またEDも良質といったところでした。

そしてHシーンでは、ほぼ付属的な意味しかなさないように感じましたね。基本的に1人1回(朝美、瑛は2回)ですし、そんなにエロさは感じませんでしたしね。

おもしろかったのはおもしろかったですが…

バグが多すぎなのでもったいないと思う作品(ver1.01)。

完璧な修正パッチが出てから購入したほうがいいと思いましたね。それじゃないと十分に楽しむことは厳しいと思いますよ。バグがなかったら満足度Aだったのに…。




キャラ別紹介

・福山 美月…幼なじみ。一応ネットおたく設定。主人公を追いかけてきて東京に来ます。そして「おたく」というものに興味を持っていくようになっていきます。普通という枠にとらわれる人等にハブにされていたことが原因で、普通という枠組みに入ること、どんなに変であると言われても「好きなものは好き」「一途に愛すること」ができるおたくというものに憧れを抱くことになった主人公。
また美月は主人公のことが好きであるためにおたくというものを研究しようとしましたが、それは主人公が好きという「一途に愛する」という主人公のおたくのスタンスと似ているものであり、これが彼女の「おたく」という姿なのではないでしょうか?
…しかし美月がロボに乗って何者かと戦っていると思ったのに、まさか…
ハリボテだったとはね!
正直かなり笑いましたよ。最後をギャグで締めるなんてさすがロミオ氏だと関心しましたよ。ただ話しがめちゃくちゃな展開のためやや適当だったようにも感じましたけどね。
まぁキャラと声のかわいさがよかったからそれだけで満足しましたが(ぉ

・奥井 朝美…コスプレイヤー。主人公と同じ職場の同僚です。彼女のルートではコスプレが重要なことを指すのではなく、「おたく」というものにもある他人の目にさらされてもへこたれない心の強さというものを感じましたね。コスプレをする事によって、キャラになりきるということで自分の理想を追い求めるという「逃げ」の一種が彼女のコスプレをする理由なのではないでしょうか。そして彼女がコスプレという逃避行動であったにもかかわらずそこでも自分に自身が持てなくなり、強さを持つために主人公とバカップルになる様子は…
非常に萌えましたよ!まぁツンデレですね。
唯一、Hシーンが2回用意されているのは彼女だけですし、ホント萌えさせていただきましたよ。

・陽藤 麗南…フィギアの原型師。フィギアの元の形を作る仕事ですね。彼女のルートでは造形という趣味(仕事)を通じて、気持ちが通じあうという変哲のないものになっていますが…
このルートが一番ツボに入りましたね(ぉ
おたくであるために本当の女を愛したくないと思う主人公と、気持ちを表現できないで作っている人形にまで嫉妬を抱くようになる麗南の姿が気持ちは分かっていても表現できないもどかしさというものが感じ、いたってシンプルな話なのに好きになりましたね。
ただどちらかというとメイドの羽鳥の方がキャラが濃い気がしましたね。伏線的なものも言ってましたがよく分からないままでしたし。まぁ麗南のオナニーシーンをビデオカメラにて見た後での彼女との会話で…
主人公「性交相手を脳内でクリエイトする…まさに一流クリエイターの自慰だった」
羽鳥「人間としては三流もいいとこですがね
…とこのような会話が繰り広げられます。羽鳥さん大好きです!(何

・高透 涼香…サバゲーオタです。このルートでは…
話がつながってません。
話の前後関係がめちゃくちゃなんですよね…。そのわりに話は進んでいくので意味がわからないままです。しかも、Hシーンでは音声はありませんでした。キャラはよかったのになぁ…。
EDに関しても展開が分からないまま終わるので唖然としたまま終わりましたよ。

・佐々木 操…ゲーマー。このルートでは架空のゲームを紹介し、その内容をグダグダ説明しているのですが非常につまらないです。ゲームを文字で説明することが難しいということもありますが、臨場感とかそんなのも全く皆無ですので読み進めていくだけ〜みたいな感じになってますしね。話自体もゲーム廃人という話だけで済みますし、ゲームに熱中したらいけないということを教えてくれましたね。
エロゲーもゲームなのに(ぉ
しかしこれは完結しないまま終わってるんですが…。ネトゲ廃人になる→終わりって…。単にBADENDになっただけなのかな?

・景山 瑛…オカルト少女。そしてこのルートでは伏線が張られていてるのですが…
まさかそんな壮大な伏線だったなんて!
まさか警官の姿をした人が人形の様に見えていることが伏線だったなんてさすがロミオ氏です。その才能のは脱帽しましたよ。ただこのルートの話自体があまりよく分かったなかったんですけどね…。

・櫛田 綺羅…同人漫画家。Hシーンがありません!以上(ぉ

シナリオ CG 音楽 Hシーン 私的満足度 総合
20 20 25 15 B 80