×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プリンセスうぃっちぃず

メーカー ぱじゃまソフト
ククル登場のシーンで萌え死にかけましたよ(ぉ  てか…

キャラの個性がすばらしい!!!!!!!!

ククルとか委員長とか、ククルとか林檎とか、ククルとかカレンとか、ククルとk(ry  ひたすらククルのかわいさにはやられましたね。

また特定のキャラのみが極端に登場するのではなくすべてのキャラがバランスよくでてくるしキャラ同士の掛け合いも普通によかったですね。

またカードバトルを導入していますが…システムバランスのよさ、コンボシステム、分りやすく、はまりやいなどホントにこのカードバトルはおもしろいです。カードバトルのみで数時間潰すこともできるぐらいですからね。

まぁ肝心のシナリオでは全3部構成となっており、1部の前半・後半、2部の前半・後半、3部と分けることができるのですが…

前半部分における日常パートがめちゃくちゃよかったですね!

バカゲーみたいなノリで日常を過ごすのですがホントに笑えます。魔女っ子委員会とか作った時なんてホントに騒ぎまくってるのがよかったですね。

しかし後半部は多少シリアスになっており、魔女界で敵を倒すという流れなんですが

普通におもしろかったですよ(ぉ

さすがに敵などは強くなっていましたが、簡単には倒せないけどがんばれば倒せるといった絶妙なゲームバランスであったために熱中することができますしね。

絵ではかわいい+エロいと…

最強の仕上がりとなっております。

ただ魔女界にいってからはHシーンがなかったのが心残りでしたね。

音楽では場面場面にあわせた音楽がよくあっており、歌詞のある曲ではかなり印象に残るような曲でしたね。

てか…

主人公がすげぇええええ!!!!!

英雄を目指しているということであり、その英雄の誓いというのが出てくるんですが…

愛と勇気は絶対に勝つ、ヒロインやからえんやこらなどといった笑えるものがでてきます。しかもそのたびにカットインはいりますしね。

バカだけど熱血感があり、目標のためにがんばってるというめちゃくちゃかっこよかったです。なぜか主人公をベタ褒めしてますが気にしないで下さい(ぉ




以下キャラ別紹介

・クルル…魔女界の光のプリンセス。かわいすぎ。もうほんとにかわいすぎ。ククルがやきもちやいてくれるところなんてホントにやばかった。ハイテンションなのが嫌いな私ですがククルなら普通に許せますね(何

・委員長…魔女界の闇のプリンセス。しかし人間界にいるときは記憶喪失で闇のプリンセスの記憶はありません。しかし、闇のプリンセスであることを思い出すと…
やたら殺しまくります。

まぁそんな委員長ですが…。

普通にかわいいです!!(主観的にククルには劣りますが

日常パートでの天然っぷりは笑わせてもらいましたね。てか委員長のHシーンではオナニーシーンが一番エロく感じましたね。

・林檎…幼なじみキャラ。魔女界からは離れたシナリオとなっております。まぁ林檎もいいキャラしてるんですが、ククルと委員長がいるために影が薄くなっております。

・かれん…個別ルートが用意されなかった悲しい娘。でも普通にかわいかったよ。

シナリオ CG 音楽 Hシーン 私的満足度 総合
25 25 20 25 A 95