×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

対魔忍アサギ2 〜淫謀の東京キングダム〜

メーカー LiLiTH
カオス・アリーナ壊滅から一年―――
アサギとさくらは東京湾上に浮ぶ人工島にいた。
そこは忘れられた街。
政府肝いりでつくられた巨大なはこもの「東京キングンダム・シティ」。
海上に浮かぶ第二の都心となることを期待されたが企業誘致に失敗。
住居施設や住人をターゲットにした商業施設も東京湾地下鉄の工事の大幅な遅れから交通の不便な海上の孤島と成り果て、ついに10年前に開発の全面中止、事実上捨てられた幻の都市となった。
その後は本州とを結ぶ唯一の出入り口、全長10キロに及ぶ東京キングダム大橋を伝って渡ってきた密入国者や犯罪者、無政府主義者、魔界から流れたきた住人たちの住処と化し、海上都市は世界有数の危険な街となった。
いくら捨てられた街、危険な住人の巣窟とはいえそこにも秩序がある。
市も立てば、アジア最大の娼窟もあり、中心部には繁華街もある。
生き抜くだけの強さか、強者への媚を忘れなければそこでは生きていけた。

島の中心部から少し離れた裏路地。
ビルの奥まった一室。

「お姉ちゃん大丈夫みたいだよ」
「任務中は隊長でしょう、さくら」
「あ! そうだったよね……隊長……へへ」

アサギとさくらは三人の対魔忍の消息を調査するために、この危険な街へやってきていた。
テロ組織潜伏の情報をもとに潜入捜査していた対魔忍3人であったが1週間ほど前から消息が途絶えたのだ。
アサギは持ってきたミニコンピュータをチェストに置くと電源を入れる。
そこには初老の域に達した男が映し出される。

「山本だ」
「部長、レストルームに辿り着いたわ。これより調査を開始します」
「うむ。くれぐれも注意してな。この件に関しはどうもキナ臭さを感じる」
「ええ、了解。対魔忍三人を倒した敵がいるとしたら、とても信じられないけど油断ならないわ」
「私の方でも気になることがあるので別方向でこの件を調べてみようと思う。
 アサギとさくらはテロ組織のこと、先行した対魔忍三人の行方を洗ってくれ」
「了解」

調査第三部<セクションスリー>。
政府直轄の非合法機関であった対魔忍も、カオス・アリーナでの事件をキカッケに正式な組織として公安調査庁に組み込まれていた。
政府としては暴走気味の対魔忍を押さえつけるためであったが、部長に任命された防衛庁出身の山本信繁は、堂々と使える様になった予算を最大限利用して、対魔忍の装備の近代化を進め、忍び以外の航空・車両人員や整備人員なども編入、以前とは比べ物にならない機動性と攻撃力、諜報捜査能力を有する組織に変化していた。

「これからさっそく出るわよ、さくら」
「え〜〜〜!? お姉ちゃん着いたばかりだよぉ!」
「隊長! それからこれを着て! この格好じゃあ、街を歩けないわ」

しばらくして二人の美女が薄汚れたビルから姿を表す。

「ひえ〜〜〜、何でこんなの着なきゃならないの……?」
「この街にいる女は娼婦かマフィアの情婦、
 さもなければマフィアの女ボスって決まっているの」

アサギとさくらは、露出の高い、身体のラインを強調する様な、如何にも娼婦ありなんという格好をしていた。

「男が声を掛けてきたら、すぐに断ったらだめよ。
 今から客のところへ行くところだとか誤魔化すのよ」
「はーぃ、でもお姉ちゃん、その格好すごく似合ってるよ!」
「さくら……!!」「わっ! 隊長が怒った!!」

子供っぽくクスクス笑うさくらをアサギが追っかける。
そこには仲の良い姉妹の姿があった。
アサギが最愛の恋人・沢木恭介を失ったカオス・アリーナの悲劇から一年が過ぎていた……。

(公式より抜粋)

今作品は2ということで前作があるということなのですが、2のみをプレイしたレビューとさせていただきますのでご了承ください。

前作をプレイした方は分かると思いますが、タイトルとは裏腹にこの作品は陵辱ものとなっています。ただ単なる陵辱ではない質の高さを感じるようなシナリオですね。「魔」というものが存在し、それを討つ対魔忍などといった特殊な世界観は、結局は陵辱に関連するプレイに触手や謎の道具を利用するために作り上げられたものであるということが分かっているにも関わらず、その舞台設定だけでもアクション系統の作品を作り上げることができるんじゃないのかと思ったぐらい惹きこまれましたね。
そしてその舞台設定からちょっとした戦闘シーンが用意されているのですが、さすがに陵辱系の作品ということでありその描写はいまいち盛り上がりに欠けるようなものでしたね。ただイベントCGが異様にかっこよく作られていたのには驚きましたよ。
ただ、やはり前作をプレイしていないと分からない点が目立つものとなっていますね。作品の大筋であるエドウィン・ブラック、朧というラスボスの様な敵の存在や、吸血鬼などといった世界観からは考えられるが前作から引き続き使用されているものは、用語説明等がなされないので前作からプレイするほうが無難であるように感じられましたね。
…ただ陵辱ものの作品という点だけで見ると前作をプレイしていなくても十分楽しめるものではありましたけどね。

音楽ではBGMのみとなっていましたが、作中の雰囲気とあっていたとは思いましたよ。特に陵辱シーンなんて…。

絵では同人作品にしてはCG枚数が多く、質も高いのでよくできているなぁという印象を受けましたね。ただ立ち絵が背景とはあっておらず、背景の絵の方が質が高く感じました。
まぁ気のせいだとは思いますけどね。

Hシーンではエロいというよりもグロいといった表現の方が正しいようにも思えましたね。基本的にレイプのようなプレイ、触手などのアブノーマルなプレイ、そしてその果てにはヒロイン達はどこか壊れたかのような表情をしてますしね。
最近の陵辱作品ではこれぐらいのものもあるようですが、やはり免疫がないと見るのはつらいものを感じましたよ。

陵辱作品でありながらも一つの物語が成立しているので、そのシナリオも楽しむなら前作からプレイ、陵辱といものを見たいというのであれば2からでもプレイしてもいいかな〜と思った作品。なんにせよ同人作品の中で質の高い作品であることは間違いないのですからハズレ作品という事はないとは思いますね。
…ただこの作品ってまだ続きが出そうな終わり方だったのが妙に気になりましたけどね。終わり方がそんな雰囲気が出てましたし…。




キャラ別紹介

・井河 アサギ…この作品のメインヒロイン。「魔」を倒す対魔忍。一応必殺技的なものがあります。それは「忍法・殺陣華」というものであり、分身を出して一度に複数の敵を葬ることができるというものがあるのですが、今作品ではそんな技出てこないので大した意味はありません(ぉ
彼女の陵辱がメインで話は進んでいくものとなっていますが、彼女が犯されているときの顔は…
グロいというよりもむしろ恐いです。
あのぶっ飛んだ目つきがホント恐かったですよ。

・井河 さくら…メインヒロインであるアサギの妹。彼女も同じく対魔忍です。彼女の必殺技のようなものは、「忍法・影遁の術」というもので、人やものの影に潜むことができ、影から影へも瞬時に移動できるというものです。作中にはアサギの忍術とは違い数回ほど出てきます。
この忍術あったら特に敵に捕まって陵辱されるという経緯にはならないはずじゃないのかな〜とは思いましたが、陵辱作品なためにしょうがないかな〜と思いましたよ。
彼女もまたアサギの様に陵辱されるのですが、アサギほど陵辱シーンの回数が多くなく、サブヒロインだからしょうがないかな〜とは思いましたね。ただ…
アサギよりさくらの方がかわいいと思ったのでさくらの陵辱を増やして欲しかった…。
…まぁ願望です(ぉ

シナリオ CG 音楽 Hシーン 私的満足度 総合
15 20 15 20 B 70