×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒトカタノオウ〜ヨルノモリ〜

メーカー Prefab
山に囲まれた鳴守の地に伝わる、まことしやかな噂がある。

ひとつ、
 深夜零時に白縄神社の鳥居を潜ると、誰か一人がいなくなる。
ふたつ、
 開発区の工事現場がずっと完成しないのは、奉ってあったお社を壊した祟り。
みっつ、
 八坂屋敷の森に無断で入ると、必ず麓の県道に出てしまう。
よっつ、
 新月の夜に上津橋を渡る時、振り返ると鬼に遭う。
いつつ、
 白縄川の流れには、地図に載ることのない名も無き橋がある。
むっつ、
 ヨルサカサマに逆らうとバリバリと喰わされる。
ななつ、
――――――――――――――――
――――以上、鳴守六不思議。

それは夏の夜の夢から始まった。

欠けてしまった夢の中で覚えているのは、ほんの僅かな幼い思い。吊り橋が揺れる対岸で、真白の髪の彼女が寂しげに微笑んだ。伝えなければいけない言葉を捜しているうちに、ふと目が覚めてしまう儚くも血に塗れた夢。夢が意味することが何なのか、それすらもわからぬままに、主人公は夏の巡りを夢で知る。

ようようにして思い出せたのは、ミズハという少女の名前。歪なその夢は、年月を重ねるごとに鮮明になっていた。

何も知らず、何もわからないまま、主人公は日々の日常を生きていた。屋敷を取り仕切る咲月は相変わらずの様子で愛想もなし。新しい家族の奈緒は世間知らずで恐いものなしで、少し危なっかしい。
少し普通とズレた、そんな日常の温かさ。

―――それが、いつまでも続く本当なのだと思っていた。

九天の空に鳴り響く花火の音は、在ったはずの日常の終わりを告げる。
辿り着いた夜の底で、主人公が見る色は誰の色なのか ―――
人と妖の戦いの最中へと主人公は足を踏み入れた

静謐な森をただ歩く。
対なす橘の木を潜ればそこは影法師の集う幻(まほろば)の里。繋いだ手はどこまでも離れずに、人と妖の狭間へ主人公は迷い込む。

(公式より抜粋)

今回のレビューは非常にまずいネタバレをしていますのでご注意ください。

また先に「アカシヤノクニ」プレイしたことを前提に話が進んでいるので(極力そうならないようには努力しますが)、レビューを読むのなら「アカシヤノクニ」のレビューを呼んでからの方がいいかと。




































「アカシヤノクニ」の対の作品である「ヨルノモリ」では、主人公が妖側の立場に立ち物語が進んでいくというものです。またIf的な要素、「もし妖側であるならば」ということで話が進んでおり、大まかな話は同じですがミズハがマガツヒになっていなかったり、となっていたりしましたね。

こちらでも出てくるのは妖、人間、マガツヒとなっています。
妖では八坂(人間)を滅ぼし「トコタチノクニ」を求める虎妖、「黄泉波」と呼ばれるマガツヒが大量にあふれるのを防ごうとする蛇妖との2つに別れています。
人間は「ヨルノモリ」では重要ではありませんね(ぉ 「アカシヤノクニ」ではメインなんですがねぇ…。
そしてマガツヒは黄泉の国から来たゾンビみたいなものですね。人間や妖を食って生きていくことができる存在。マガツヒに侵食された生物はいずれ死ぬこととなります。そして食われた人間もマガツヒになってしまういうものです。

マガツヒの説明が「アカシヤノクニ」と同じになってるけどしょうがないかな(ぉ

さて「ヨルノモリ」では、ミズハを助けたことによって妖の住む土地に連れて来られた主人公が、マガツヒが大量に現れる「黄泉波」というマガツヒが大量に押し寄せるものが起こること、「ミカガミ」という神器を使いマガツヒを「還す(倒す)」ことができるということを知ることになり、ミズハ(妖)達と共に「黄泉波」を防ごうとする〜見たいな感じの流れの話となってます。
ただ「黄泉波」が起きる前に奈緒が八坂をうらんで暴走したりとしたりしてましたが。
主人公が戦うようになったり、自分が犠牲の上になりたってると自覚し、それらの犠牲が希望につながるものと感じるようになり諦めないようになる〜という成長の姿が見られるのが最大の違いでしょうか。

…こちらも立場が異なるだけで、マガツヒを倒すという目的のは同じでしたので別に説明するまでもないように思ったかたもいると思いますが、どちらかというと主人公の成長物語の様に感じたから一応載せましたよ。

しかし立場の違いというものをうまいこと使っていたように感じましたね。仁奈の存在をしらなかったり、、と両方を視点からプレイしたときに見える違いのおもしろさというのが、2つの作品にした最大のウリなのではないかと思いましたよ。

「アカシヤノクニ」→「ヨルノモリ」の順にプレイしたら両者の意見や考えというものが分かるようになり、妙に主人公以上に考えるようになっちゃいますね。そして主人公はどんな行動を取るのだろう…って思い惹きつけられましたよ(まぁ途中までですがね)。
またキャラが全く違うもの(人物)に見えたりしたために飽きないのもよかったですね。特に「アカシヤノクニ」ではあんなにかわいかった奈緒が…

めちゃくちゃ恐いですから(´д⊂

奈緒が作られた存在ということを分かりながらプレイしていると2人目の奈緒(外に出て2日目の発言から)の意味が分かるんですが、その奈緒が六爺を普通に殺したりとバラバラにしたりとホントにびびりましたよ。
…後でちゃんと奈緒の2人目の説明があるんですけど、ネタバレを先に分かるというものは意外と気分いいですね(何

伏線に関していうと、イナミが言ってた10年の別れ、主人公のミカガミの変化などこちらの伏線もよくできていましたね。「ヨルノモリ」では物語が淡々と続くので伏線は「アカシヤノクニ」よりも少なくいように感じましたが、こちらの方はルートでは選択肢が多かったのが印象的でしたね。

また両作品をすることによって分かる伏線がいくらかあるため十分満足できましたね。私的には主人公が大鳥居で母親といた時の記憶の謎が一番印象に残ってますよ。
タタリ神、妖が神器を使えるものを欲した理由、主人公の父親の失踪の本当の理由、咲月のキスの名称と効果などその他のもろもろもこっちのルートではっきりますが、自分でプレイしてその伏線のおもしろさをお確かめください(ぉ

戦闘シーン、絵、音楽に関しては「アカシヤノクニ」と同じような意見ですね。しいて言うならこちらの背景には違和感は感じられなかったというぐらいですかね。

両方の作品を通じて言えることは…

一気にやらないと用語が分からなくなってしまう(特に「ヨルノモリ」)といったところでしょうか。

実際に時間を置いてプレイしてみたら分かるのですが、「トコタチノクニ(妖の故郷)」や「トリフネ(妖達を故郷へ運ぶ土地神の舟)」といった作中で使われる用語がどのようなものであったのかを忘れてしまいましたね。そうなったらプレイするの意欲が削がれるのではないでしょうか。

ロードからでも前回のログが読み返せる、もしくは用語集的なものを用意してくれたらよかったのに…と思った作品。

まぁおもしろかったんですけどね!(ぉ

(追記)私的には攻略順番は「アカシヤノクニ」→「ヨルノモリ」
作品としてのおもしろさは「アカシヤノクニ」<「ヨルノモリ」
好きなヒロイン「奈緒」<「ミズハ」みたいな感じでしたね。




キャラ別紹介

・ミズハ…妖の巫女。そして、主人公の幼友達。こっちのルートでは…

健気で優しい娘にしか見えません!
「生き延びるのはみんな一緒です。みんなで空の下に行くんですから」にはというミズハの台詞には涙腺を刺激されましたよ(´д⊂

かわいいよミズハ(´д⊂

・クシビ…虎妖の長の末娘。なぜか狗のお面を頭からつけてますが…

かわいすぎなんですが(ぉ

まぁこのルートのミズハにはかないませんがね。

・イミナ…蛇妖の長。でかいです。以上(ぉ

・ヤト…鬼です。あんまり強いとは思わないキャラでしたね。以上(ぉ

シナリオ CG 音楽 Hシーン 私的満足度 総合
25 25 20 20 A 90